どうも、コニーです。


今回は薬屋のひとりごとのキャラ紹介の第2回です!


紹介するのは


皇帝の元妃、阿多妃(アードゥオ)です。


妃でありながらもその容姿から女性ファンも多いこのキャラ。


薬屋のひとりごとの中でも私が好きなキャラクターの一人です。


クールな阿多妃に心打たれた同士も数多いでしょう。

今回はそんな阿多妃について詳しくみていきましょう!


注)私はコミカライズ版「薬屋のひとりごと」の4巻までしか読んでおりません。小説版などを読み次第、情報を更新していきます


薬屋のひとりごとの阿多妃って
どんな人物?

薬屋のひとりごとで上級妃という重要な立ち位置にいる阿多妃。


まずは阿多妃とはどのような人物なのかを説明していきます。


早速阿多妃のプロフィールを見ていきましょう。

阿多妃のプロフィール

年齢:35歳
階級:元淑妃。現在は離宮にて暮らしている。
性格:さっぱりとしている

年齢は他の四夫人に比べて結構高めの35歳。


薬屋のひとりごとの中で言われているように皇帝の一歳年上だそうです。
姉さん女房というやつですね。


薬屋のひとりごとに限らず、
王族だと年下の妃の方が多いイメージがあるのですが、結構珍しいですよね。


そして阿多妃は現皇帝の最初の妃で、
現皇帝がまだ東宮の時からの妃だそうです。


というのも阿多妃は皇帝と乳兄弟だそうで、
幼い頃からの付き合いだったんです。


だからこそ皇帝も阿多妃に対して思い入れも強かったと思います。

また阿多妃は非常に賢く、
詳しくは後ほど説明しますが
自分のために侍女が身を投げたことにも気づいていました。


王妃候補として選ばれるくらいですから、
性格も品もとても優れた人物なのは間違いありません。


薬屋のひとりごとは賢い人が多いですが、
その中でもかなり賢い人だったのではないかと思いますね。

薬屋のひとりごとでの阿多妃の
エピソード


それでは薬屋のひとりごとの中で
阿多妃はどのようなエピソードがあったのか振り返ってみましょう。


最初に阿多妃が登場したのは
コミカライズ版「薬屋のひとりごと」2巻の 園遊会です。


ですがこのときは毒の事件もあったりして
阿多妃が直接登場することはありませんでした。


本格的に物語に絡んでくるのは4巻になってからです。


4巻の序盤で園遊会で毒を持ったのが阿多妃のいる柘榴宮の侍女であり、
その侍女が自殺したことが発覚します。


その調査のために猫猫は壬氏から柘榴宮に行くように言われます。


そこで阿多妃の侍女頭風明(フォンミン)に出会い、
猫猫は園遊会の里樹妃の毒殺未遂の真相に気がつきます。

阿多妃には現皇帝との間に一人の男児がいました。


しかし風明が良かれと思い与えた蜂蜜が原因で その男児を亡くしてしまいます。


それが阿多妃にバレることを恐れ、
風明は 同じく幼少期に蜂蜜が原因で命が危うくなった里樹妃が
それを阿多妃に話さないように殺害しようと考えたのです。

結果としてそれを猫猫にに破られてしまった風明は
自分が毒を盛ったと自白することになりました。


そして風明は処刑されました。


阿多妃も後宮を出て南の離宮に住むことになりました。

阿多妃が後宮を出る前日、 偶然猫猫は塀の上で阿多妃と出会います。

一番仲が良かった侍女を失い、 自身も皇帝の妃としての地位を失いました。


阿多妃の寂しげな独白。

そして自分に毒殺の嫌疑がかからないように 自ら命を絶った下女の動機に気づいていた阿多妃は
「莫迦だよ」
と静かに悲しむのでした。


阿多妃は下のものからも慕われていたのでしょう。


そして阿多妃自身それをわかっているからこそ、
自分のために自ら命を絶った侍女たちに
死んで欲しくはなかったのだと思います。

阿多妃が後宮を出る日、


阿多妃にとても懐いていた里樹妃に笑いかける様子は
母親の顔のようだったそうな…


泣ける。


泣いてしまいますよ。


この話の悲しいところは誰もが誰かを思いやった結果、
悪い方向に向かってしまったということです。


もし風明が蜂蜜を与えていなければ
阿多妃の子供は死んでいなかったかもしれません。


でも風明は滋養に良いとされる蜂蜜をその赤子のためを思って与えていました。


なんとも悲しい話ですね。


薬屋のひとりごとでの阿多妃についてのこれからの考察

薬屋のひとりごとでも描かれていたように、
阿多妃の子供を取り出したのはなんと、
主人公猫猫の養父おやじさん。


薬屋のひとりごとの作者がこんなネタを使い切りにするとは思えませんから、 また阿多妃の出産が薬屋のひとりごとの根幹に関わってくるのでしょう。


また壬氏の記事でも書きましたが、
阿多妃と壬氏は容姿がとても似ています。


この二つの出来事がリンクして、
薬屋のひとりごとが展開していくのではないか と思います。

『薬屋のひとりごとの阿多妃を語る』
のまとめ


さて、阿多妃の魅力は伝わったでしょうか?


クールで大人な印象を受ける阿多妃ですが、
その過去にはとても辛いことがたくさんあります。


そういったことに悲観するのではなく、
受け入れて次に進もうとする姿がとても好きなのです。


薬屋のひとりごとではたくさんの悲しい出来事がありますが、
それぞれみんな立ち上がろうと頑張ります。


そういったキャラたちがこの薬屋のひとりごとの大きな魅力なのでしょうね。


今回はこの辺で。

ではでは!