どうも、コニーです。


みなさん薬屋のひとりごとを楽しんでいますか?


今回は前回に引き続き、コミカライズ版薬屋のひとりごとの3巻を紹介していきます。


薬屋のひとりごと3巻の登場人物やあらすじについて語ります。

注)この記事は『薬屋のひとりごと3巻』のネタバレを含んでいます。 ネタバレを避けたい方はここで記事を読むのをお辞めください。


薬屋のひとりごとのネタバレ‼︎
3巻の登場人物は?


まずは薬屋のひとりごと3巻の主な登場人物を紹介します。

猫猫


薬屋のひとりごとの主人公。

薬屋として働いており、山へ薬を取りに行ったときに拐かされて後宮に売られる。

その薬学の知識と持ち前の推理力で玉葉妃と鈴麗公主を救い、玉葉妃の侍女となります。

桜花たちに勘違いされ、知らない間に設定が増えている。

薬や毒に対する執着心がすごいが、人に関する興味はあまりない。


その名の通り猫のようなキャラで、クールでかわいい。

猫猫についての詳しい記事はこちら
(4巻以降のネタバレを含むので注意)



壬氏




薬屋のひとりごとでのもう一人の重要キャラ。

天女のような要望をしているが男である。
イケメンすぎて女はもちろん男にもモテる。

自分を毛虫を見るような目で見る猫猫に興味を持っているが、早くもデレ始めた。
多分もう落ちてる。

何やら身分を隠していたりと謎が多いキャラである。

とにかくイケメンキャラということだけ理解しておけばOK

壬氏についての詳しい記事はこちら
(4巻以降のネタバレを含むので注意)





李白



園遊会で猫猫に簪を配ってきた 。
出世頭 。


体の大きい武官です。

真面目そうな印象を受けますね!

小蘭(シャオラン)



後宮で働く下級侍女。
猫猫とは下女時代からの友人で、よく猫猫に噂話を教えている。

明るい性格と裏腹に、貧しいが故に親に売られて後宮にきたという悲しい過去を持つ。

小蘭についての詳しい記事はこちら
(4巻以降のネタバレを含むので注意)



親父


猫猫の養父 。
優れた医者の技術と薬の知識を持っている 。


薬屋のひとりごとの中でも謎の多い人物の一人ですね。
猫猫よりハイスペックというから驚きです。

薬屋のひとりごと3巻には今回紹介した他にもたくさんの魅力的なキャラがいるのでぜひチェックしてくださいね!


薬屋のひとりごとのネタバレ‼︎
3巻のあらすじは?


それでは次に薬屋のひとりごと3巻のあらすじを紹介してきます!

前回の園遊会の後、毒を飲んだということで医務室に連れ込まれた猫猫。


高順に頼まれその毒入りのスープについて調べることになりました。

猫猫は即席の指紋鑑定を行いスープの器に触れた人物を調べていきます。


その結果4人の指紋が浮かび上がります。

スープをよそった者、配膳した者、毒味役の侍女、そして謎の人物。

ここで猫猫は高順に毒味役の侍女が上級妃である里樹妃にいじめをしていることを告げます。


侍女が上級妃をいじめているという事実に驚く高順。

そりゃ驚きますよね。

だって上級妃は未来の王妃候補なので国の中でもトップクラスに偉い立場です。

それがただの侍女にいじめられるというのは想像すらしないでしょうね。

そしていじめを伝えたものの、毒味役の侍女が殺されないようにかばおうとする猫猫。

「侍女の命は上級妃に比べて軽い」
という猫猫の言葉を受け、高順はその意を汲み取ります。

こういうところが猫猫のいいところですよね。
普段は他人に無関心でドライなところがある猫猫ですが、命を大切にするという薬屋の信念を貫いています。


いいわぁ…

謎のもう一人も気になるところです。

場面は変わり、久しぶりに小蘭とはなす猫猫。


小蘭から園遊会でもらった簪を使えば後宮から出られるということを教えてもらいます。

色々考えた結果、義理で簪を渡してきた李白に頼んで後宮から出ようと考えます。

簪を渡した女性から返事がきたという知らせを受けて、誰か確認する李白。

それが猫猫であることがわかると一言。


「あれか〜」

あれ呼ばわりされる猫猫笑

まぁそうなりますよね笑

世間から見たイメージはやっぱりこうなんだなって思いました。

そして猫猫は緑青館の三姫というスーパーアイドルとの面会を餌に李白に里帰りの協力を要請します。


アイドルに会えると思いウッキウキの李白。

楽しそうだな、オイ笑

そして二人は緑青館につきます。

なんと緑青館は猫猫の実家。

妓楼の中でもトップクラスの妓楼だそうな。

そんなところに猫猫は関係があったんですね〜

そして猫猫は久しぶりに養父の元へ。
後宮での思い出話に花を咲かせます。


翌朝寝ぼけている猫猫の元に慌てた様子の少女がやってきます。


その少女に連れられある妓楼に行くとそこには倒れる男女が‼︎



急いで手当をする猫猫。

2人はなんとか一命をとりとめました。

自分を呼んだ少女に親父を連れてくるよう頼む猫猫。

親父さんは来てすぐに状況を確認します。

そして猫猫に対して質問を投げかけます。

「なんの毒か」という問いに対して「タバコの葉による心中だ」と即答する猫猫。

こういう親父さんの観察力を見ると猫猫のあの推理力も頷けますね。

それでタバコって体に悪いと知っていますが普通に毒なんですね。
知りませんでした。

またひとつトリビアを得ました。

その妓楼のやりて婆の元でお茶をのむ2人。

倒れた男の様子を見てくると猫猫は部屋を出ます。

すると男を殺そうとしている少女を発見!

無理やり止めます。

話を聞くと男はどうやらタチの悪い客で相当恨まれていたらしいですね。

報酬をもらい家に帰って来た猫猫と親父。

しかし何か引っかかる猫猫は思考を巡らせます。

そして実は心中ではなく女が男を殺そうとしていたのではないかと思いつく。

それに対し「憶測でものを語っちゃいけないよ」と親父はこれ以上関わることを注意します。



昔何かあったのでしょうか?

かつて何か失ってしまったかのようなさびしさを感じますね。

そして里帰りの期間が終わり、緑青館に行くとデレデレしている李白の姿が。

白鈴といい思いをした様子です。



この顔見ると李白この野郎とぶん殴りたくなりますね笑

そんなこんなで後宮へと戻ったのでした。

後宮で戻った猫猫を待っていたのは怒っている壬氏。

忘れていましたが猫猫は簪の意味を理解していません。

言うなればプロポーズを意味を知らずにテキトーに受けたようなもんですからね!

壬氏もそりゃびっくりしますわな。

そこからは壬氏と猫猫のアンジャッシュすれ違いコント。
壬氏の勘違いが爆発していきます笑

サイコーですね笑


その後疲れた顔で仕事をしている壬氏の元へある武人がなくなったという知らせが舞い込みます。

死因は酒の飲み過ぎだったらしいですが納得がいかない壬氏は猫猫に調べるように頼みます。


前から思ってましたが壬氏は困ったらすぐ猫猫呼びますよね。
なんか「猫えも〜ん!」って感じがします。

現場に残された酒の残りを飲む猫猫。

すると甘みのある酒に少し塩味があるのに疑問を持ちます。

そこであることに気づいた猫猫は死んだ男が飲んでいた酒瓶の破片を用意してもらうことに。

そこには大量の塩がついていました。

なんと酒に大量の塩が入っていたのです。

普通は気づけるだろと疑問を飛ばす壬氏に猫猫はその男が真面目に働きすぎるあまり体調を崩し味覚を失ってしまったという推理をします。

だから誰かがいたずらで塩を入れたとしても気づかず致死量の塩を摂取してしまったのです。


これはとんでもないネタバレなのですが、この話が後々の伏線になってきます。
こういうさらっと入ってくる話が意外と重要なんです。

この事件が解決し、薬屋のひとりごと3巻はおしまいです。


『薬屋のひとりごとのネタバレ3巻〜李白マジ赦すまじ〜』のまとめ

どうでしたか?


薬屋のひとりごとの3巻も面白い事件でしたね。


前回のアレルギー同様今回もタバコという身近なものを使った事件でした。
タバコって吸うだけじゃなく食べても毒なんですね〜


知りませんでした。
こういうトリビアって面白いですよね!

そして真面目に働きすぎるのも毒ということもわかりました。

このネタバレ記事を読んで興味を持っていただけたら、ぜひ薬屋のひとりごと3巻をお買い求めください!

今回はこの辺で!

ではでは!


この記事を読んだら漫画本編も読みたいですよね!!


でもお金がない
だけど無料で今すぐに読みたい!!

というあなたに朗報です。


U-NEXTでは31日間のお試しキャンペーンをやっているんですが、


登録後すぐに600Pもらえ、600円分として使えるのですぐに漫画を読め、さらに8万本の映画・アニメ作品が見放題!!


しかも31日以内に解約すればあなたが支払う料金は0円‼︎


タダなんですよ!




今なら薬屋のひとりごとが連載されている月刊ビッグガンガンが無料で読めるのでオススメです。



私も登録していますが、登録して読むまで3分もかかりませんでした!


まじで簡単。

簡単すぎて、え?って驚いたレベル。


薬屋のひとりごとを今すぐ読みたい方はこれを機にチェックしてみてください。


この記事だけでは残念ながら猫猫の可愛さを完璧に伝えられないのでぜひ漫画を読んで欲しいです!!


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>