どうも、コニーです。


薬屋のひとりごとの小説版を読んでいたらとんでもない展開がきたので紹介したいと思います。


その内容とは


壬氏が猫猫にプロポーズした!!

ついにきたかって感じですよね!

壬氏のプロポーズが描かれているのは薬屋のひとりごと7巻の十八話『男女の駆け引き』 です。

 

 

一体どんな流れでプロポーズしたのか?
その背景にはどんな思いがあったのか?を詳しく解説していきます!!

注)この記事は『小説版 薬屋のひとりごと7巻』のネタバレを含んでいます。
ネタバレを避けたい方はここで記事を読むのをお辞めください。

薬屋のひとりごとのプロポーズ回のネタバレ

それでは早速プロポーズをした経緯を見ていきましょう!!

読んでいてじれったいほど平行線をたどっている壬氏と猫猫。


わざわざネタバレしなくてもわかると思いますが、
壬氏はツンデレだし、猫猫は猫猫なので一向に関係は進みません。

しかし小説版の7巻で事態は急変します。


仕事も終わり部屋でひと段落している壬氏。

猫猫は最近睡眠がとれず顔色が優れない壬氏に薬湯を差し出します。

リラックスしようと壬氏が服を緩めようとするので寝間着を探す猫猫。

すると水蓮がさっと猫猫に寝間着を渡して部屋から出ていきます。

そうして部屋には二人きりに。

水蓮のニヤニヤ顔が目に浮かびますね笑


もともと水蓮に甘やかされていたので猫猫に着替えを手伝ってもらう壬氏。

猫猫はそのお坊ちゃん具合に呆れながらも仕事と割り切って手伝います。

壬氏曰く今まで水蓮が侍女と壬氏を部屋に二人きりにすることはなかったらしいです。

まぁ壬氏の美貌ぶりに色々惑わされる人もいたんでしょうね。


そして水蓮から早く妻を娶れと急かされたと言われたという壬氏

その遠回りなアプローチの意図に気づいていないふりをする猫猫

そんな猫猫に壬氏は「これでは羅門も軍師殿も苦労をする」といった発言をしてしまいます。

羅漢というタブーワードに触れてしまいまったのです。

普段なら発言に気をつけるはずだが睡眠不足で疲れていたんでしょうね。

これはネタバレになりますが、この場面の少し前に、事件に関して肯定も否定もしない羅門に反感を持っています。

そこにもキレた猫猫もそれにつられて普段は言わない本音を言います。

 

自分に言葉が足りないと言うがお前はどうなんだ。

そんな様子はよくいる妓楼にいる男にそっくり。

好きな女に思いをまっすぐ思いを伝えられず、ほかの男に取られ、後悔する。

それならはっきりと伝えればいい。


そう壬氏に伝えます。

言われた本人は驚きますがすぐに表情を変えます。
そしてこう言いました。


「まっすぐしっかり言えばいいんだな!!絶対だ!
猫猫!俺はお前を妻にする!」



エンダーーーーーーーーーイヤーーー!!

言いやがった。

ついに言いやがったよ!!

急に来たから読んでてびっくりしました笑
これの数ページ前までがっつり事件だったんですよ?

まさかここで進むとは予想外でした。

 

とはいえこの状況では乗り気でない猫猫を壬氏が権力で無理やり結婚させたようなもの。

それでは弊害が残ると感じた壬氏は必ず猫猫を納得させると宣言して寝床に着きました。

…寝るんかい!!

ここまで言っても強引にいかないのが壬氏らしいですよね。


猫猫もはっきり言われるのを避けていましたし、乗り気ではないのが明らかです。

猫猫は壬氏の立場などを考えてしまったんですね。

そして部屋を出ると満足そうな水蓮の姿が。

一体二人はどうなるのでしょうか?

 

薬屋のひとりごとのプロポーズ後の展開とは?【ネタバレ注意】

とりあえず関係が進んでよかったですね。


さて、いきなりプロポーズが起こったわけですが、その後の展開はどうなるのでしょうか?


ここからは薬屋のひとりごとのプロポーズ後の展開を少しだけネタバレします。

まず結論からネタバレすると、


壬氏と猫猫はぜんっぜん関係が進みません!!


普通の小説ならプロポーズがあればその後もしばらくそんな雰囲気が続くじゃないですか?

でもそこはさすが薬屋のひとりごとというべきかそんなもんなかったかのように淡々と物語が進みます。

いやほんとすごいんですよ。


プロポーズのシーンが終わって次のページの最初の1行は

『それから数日、壬氏からは何もなく時間が過ぎていった。』

これで終わりです。

そのあとは普通に事件ですからね。


ほんとこいつら… って言いたくなりますね笑


実際に二人が結ばれるのはいつになるのでしょうか?
今回のプロポーズをきっかけにもっと進展して欲しいですね!

プロポーズしたときの壬氏と猫猫の想いとは?【ネタバレ注意】

あまり進まなかったとはいえ、確実に進歩があった壬氏と猫猫の関係。

今まで少しお互いに踏み込めずにいた2人が初めて心の内に秘めていた本音をぶつけ合ったのをみて、驚いたという方も多いのではないのでしょうか?

そこで壬氏がプロポーズをする前後の会話から、それぞれがお互いを、そして自身についてどう考えているかを考察していきます!!

 

まず壬氏についてですが、猫猫のことが好きです。

これは言わなくてもわかっていると思います。
しかしそれをなかなか伝えようとはしませんでした。

その背景には壬氏が権力に臆病になっていることがあると思います。

これはネタバレになりますが、
壬氏は皇弟として本来東宮として王位継承の準備をする必要があります。

しかし王位を継承したくないからと宦官の振りまでしていました。

どうしてここまで王位を継承したくないのでしょうか?

それは壬氏が抱えるコンプレックスが原因です。

以前壬氏は自身について

「自分には秀でた武術の才能も、頭脳もなかった。だからたまたま持っているこの美貌を使っている」

というような発言をしています。

つまり自分は本来とるに足らない存在だと思っている訳です。

そんな壬氏ですから王位という権力を持ったとしても、
それは自分の力で得たものではないと思うはずです。

真面目なことがよくわかりますね!

そう考えたときに自分にとって本当に大切なものは自分の力で手に入れたいと思うのは自然なことですよね?

壬氏にとって大切なもの…それが猫猫です。

だからこそ壬氏は猫猫に今気持ちを伝えたら権力で手にいれることになるんじゃないか?と尻込みしていたんです。

でも猫猫は全然振り向いてくれずもやもやしているときに、
喧嘩気味になり、勢いで言ってしまったと…

そして言ってしまったが自身のコンプレックスはなくなっていないので、
その後もどうしようか困っているんだと思います。

壬氏も苦労してるんですね…

 

一方猫猫は、プロポーズされる前にどうしてあんなことを言ったのでしょう?

それは今回怒るきっかけと猫猫のセリフからわかります。

 

先ほど羅門に対し少し反抗的になっていると言いました。

その原因は羅門が事件の真相に気づきながらも事を穏便に済ますためにあえて黙っていることでした。

そして猫猫がキレて言った緑青館の客は好きなのに言い訳をして動こうとせず、
誰かに取られてから文句を言うやつです。

羅門とこの客に共通するのは
自分の心に理由をつけて行動しないということ。

これを壬氏に言った理由は猫猫自身がそう感じているからです。

もしかしたら猫猫は自身が気づかぬ内に壬氏を好きになり、
それをその後の苦労を理由に否定しているのではないでしょうか?

 

それに対して葛藤し、苦しんでいるからこそ同じ状態の壬氏にもイライラしているんだと思います。

 

お互いに好きあっているのにどちらも遠慮しているからこの状況が生まれているんですね…

果たしてこれから彼女たちが自分たちの心に素直になれる日がくるのでしょうか?