どうも、コニーです。


みなさん、薬屋のひとりごとを楽しんでいますか?


今回は久しぶりに薬屋のひとりごとのキャラクター紹介をしようと思います。


第11回目となる今回紹介するのは李白(リハク)です!


薬屋のひとりごとで登場する数少ない武官の一人。


ニコッと笑う笑顔と明るい性格に癒されるファンもいるでしょう。

今回はそんな李白について詳しくみていきましょう‼︎

注)私はコミカライズ版「薬屋のひとりごと」の4巻と25話までしか読んでおりません。 小説版などを読み次第、情報を更新していきます



薬屋のひとりごとの李白とは
どんな人物?

まずは薬屋のひとりごとの李白がどんな人物なのかみていきましょう。


李白のプロフィールはこちら

年齢: 23〜25歳くらい?

職業: 武官

その他: 体が大きいが犬っぽいと言われる

年齢は詳しく書かれていなかったので推測です。

結構若そうなので20台前半くらいかなと思いました。

そしてそんな若い割には位も高く、皇帝主催の園遊会に呼ばれるほど。

つまり出世株ってことですね!


性格はお人好しで素直です。

それゆえ猫猫に頼まれると強く断れず色々巻き込まれる苦労人です。

最近は猫猫から紹介された緑青館の美女白鈴に入れ込んでいます。

白鈴の方も李白の鍛えられた肉体がお気に入りの模様です笑

この恋は一体どんなふうに決着がどうなるのかとても気になりますね!!


薬屋のひとりごとが早く発売しないかな笑


薬屋のひとりごとの李白の
エピソード

続いては薬屋のひとりごとの李白についてのエピソードを振りかえっていきます。

李白の初登場は2巻の園遊会です。

幕裏で猫猫に義理の簪を配りにきました。

この時はこんなに活躍するだなんて思ってもいませんでした。

園遊会では武官の末席に座っていたが年齢を考えると出世頭のようです。

園遊会でもらった簪を使えば後宮から出られると知った猫猫。

義理でもらった簪を使って後宮に出ようとすします。

そのために李白を利用しようとします。

そんな李白ですが、簪の返事が送られてきたとき、その送り主が猫猫だとわかると


「あれか〜」


といった感想をこぼします。


正直ですね笑


しかしただ利用されるのは嫌なようで、断ることはしっかり断ります。

ただのバカキャラではないんですね笑

しかし緑青館の三姫に会えるという餌に簡単に屈します。

おい、頑張れよ。

ワックワクで花街に行く李白。

武官なだけあっていい身体をしていたので白鈴に気に入られます。

そしてすっかり白鈴に骨抜きにされてしまったようです。

これから金を搾り取られていくでしょう笑

また倉庫の小火騒ぎがあった際には現場に調査に行くことに。

勝手に捜査する猫猫を注意する程度で済ますくらいには猫猫と仲良くしているようですね。

壬氏がヤキモチ妬かないといいんですが笑

また実験では離れろと言われているのに俺は大丈夫などといって結局髪が燃えるなんてこともありました。

結構調子に乗りやすいですよね。

この事件についてはこちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。



薬屋のひとりごとの李白の
これからの考察


さて、これから薬屋のひとりごとでは李白はどういった活躍をしてくれるのか、 少し予想してみました。


李白はかなりのスピードで出世しているようですね。

この国での出世事情はよくわかりませんが官僚になるまでに色々あったんでしょうね。

これは猫猫にいいように使われる要員になりそうですね笑

また白鈴にかなり入れ込んでいるのでもしかしたら身請けするなんてこともあるかもしれません。


だとしたら相当なお金が必要なはずです。

そのうち大きな事件に関わって活躍なんてこともあるかもしれませんね。

これからのことがどうなるかは薬屋のひとりごとの展望次第ですね。


『薬屋のひとりごとの李白は重要人物!?』のまとめ


どうでしたか?


薬屋のひとりごとの李白の魅力が伝わりましたか?

最初はチョイ役だと思ったが意外と出てくる李白。

でかいのに犬のような性格でギャップ萌えも狙ってますよね笑

武官のキャラは少ないのでこれからも出てくるでしょう

いい感じのバカさ加減が好きという方も多いので薬屋のひとりごとでのこれからの活躍に期待ですね!

今回はこの辺で!

ではでは!